三田市けやき台の小児科・アレルギー科

WEB予約
院長ブログ
アクセス

1歳からの予防接種スケジュール

予防接種

1歳になると、また予防接種が始まります。
そして3歳、4歳、5歳と時々予防接種があります。
ついつい忘れがちですので、しっかりと予防接種スケジュールを立てましょう。

0歳児の予防接種スケジュールはこちら

1歳~15歳の予防接種スケジュール

1歳0か月

1歳0か月になったら、下記の予防接種を受けることができます。

  • ヒブ 追加(4回目)
  • 肺炎球菌 追加(4回目)
  • MR(麻しん風しん) 1回目
  • 水痘 1回目

正確には、「四種混合 追加(4回目)」と「おたふくかぜ 1回目」も可能です。
一度に6つのワクチンを接種することは原理的には問題ありません。
ですが、当院では最大で4つまでの同時接種としています。

ここで、各ワクチンの最低間隔と、標準間隔・標準年齢をまとめておきましょう。

ワクチン 最低間隔 標準間隔・標準年齢
ヒブ 3回終了から7か月 3回終了から7か月~13か月未満
肺炎球菌 3回終了から60日、かつ1歳以上 1歳~1歳3か月未満
四種混合 3回終了から6か月 3回終了から12か月~18か月未満
MR 1歳~2歳未満
水痘 1歳~1歳3か月未満
おたふくかぜ 1歳~

参考:国立感染症研究所

以上を考慮し、当院では「1歳になったらヒブ、肺炎球菌、MR、水痘の4つ」を基本としています。

1歳4か月~1歳6か月

1歳4か月~1歳6か月になったら、下記の予防接種をしましょう。
水痘ワクチン2回目は、最低間隔が1回目から3か月、標準間隔は6か月~12か月未満です。

  • 四種混合 追加(4回目)
  • 水痘ワクチン 2回目

また、任意接種としておたふくかぜワクチンも同時に接種することをお勧めします。
おたふくかぜは多くが軽症ですが、無菌性髄膜炎や難聴のリスクがあるため、ワクチンで予防すべき疾患です。
当院での接種費用は6600円(税込み)です。

  • おたふくかぜ 1回目

3歳

久々の予防接種になりがちなので、忘れやすいタイミングです。

  • 日本脳炎 1回目、2回目

必ず日本脳炎ワクチンを接種しましょう。
最低1週間後、標準では1-4週間後に2回目の日本脳炎ワクチンを接種します。

4歳

  • 日本脳炎 1期追加(3回目)

2回目から最低6か月、標準ではおおむね1年後に日本脳炎ワクチン1期追加を受けます。

幼稚園・保育園の年長(5~6歳)

幼稚園・保育園の年長、すなわち来年から小学生という年齢になりましたら、下記の予防接種をしましょう。

  • MR(麻しん風しん) 2回目

また、任意接種としておたふくかぜワクチンの2回目も同時に接種することをお勧めします。
当院での接種費用は6600円(税込み)です。

  • おたふくかぜ 2回目(かかったことがない人のみ)

9~12歳

久々の定期接種ですので、ここも忘れやすいタイミングです。

  • 日本脳炎 2期(4回目)

11~12歳

  • 二種混合

二種混合と日本脳炎を同時接種することも可能です。

小学校6年生~高校1年生の女子

  • ヒトパピローマウイルスワクチン(シルガード9)

感染症を防ぐことで、減ることができる悪性腫瘍が2つあります。
ピロリ菌による胃がんと、パピローマウイルスによる子宮頸がんです。
子宮頸がん予防として、ヒトパピローマウイルスワクチンは有効です。

初回接種時が15歳以上の女性は、初回から1か月以上(標準的には2か月)あけて2回目、2回目から3か月以上(標準的には4か月)あけて3回目を接種します。

初回接種時が15歳未満であれば、2回の接種で十分な免疫が得られることが分かっています。
初回接種から6か月~12か月の間隔で2回接種するのが標準です。

最新情報

PAGE TOP