三田市けやき台の小児科・アレルギー科

WEB予約
院長ブログ
アクセス

アトピー性皮膚炎

アレルギーの病気

アトピー性皮膚炎とは

炎症を引き起こす物質が皮膚に入り、かゆみのある慢性的な湿疹が持続します。

赤い・かゆい・ザラザラする「湿疹」が、左右対称に、慢性的(0歳では2カ月以上、1歳以上では6カ月以上)続けば、アトピー性皮膚炎と診断されます。

アトピー性皮膚炎の原因

皮膚に炎症を起こす物質とは、ダニやほこり、細菌、汗、皮膚に付着する食べ物などが挙げられます。

注意点アトピー性皮膚炎の原因は、基本的に皮膚に付着するものですから、口から食べたものによる影響はまれです。

暑さ、寒さ、乾燥などの要素も皮膚の刺激になります。

最近の研究では、皮膚をひっかく刺激がアトピー性皮膚炎の原因になることが分かっています。
皮膚をひっかくことで、炎症性のサイトカインという物質が生まれ、これが皮膚に炎症を起こすとともに、かゆみを引き起こし、また皮膚をひっかいてしまうという悪循環が生まれます。
皮膚をひっかくことで、炎症性のサイトカインが容易に作られてしまう状態を「アトピー体質」と呼びます。

おかもと先生

アトピー性皮膚炎の原因は何かと聞かれたら、私は「様々な要素が原因となりますが、最大の原因は皮膚をひっかいてしまうこと」とお答えしています。

アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎の原因を理解すれば、治療は決まってきます。
正しい洗い方、正しい保湿は重要な治療です。
しかし、どんなにがんばっても、ダニやほこり、細菌、汗、食べ物、暑さ、寒さ、乾燥などの要素をすべて取り除くことはできません。

したがって、アトピー性皮膚炎の治療は「かゆみをしっかり取って、皮膚をひっかかないようにすること」になります。
皮膚からひっかき傷がなくなれば、炎症性サイトカインは減っていき、皮膚の炎症がストップし、アトピー体質は自然に治っていきます。

かゆみをしっかり取るには、ステロイドの外用が重要です。
ステロイドを塗ることは、かゆみを取るだけの対症療法に見えるかもしれません。
しかし、ステロイドでかゆみをしっかり取って、ひっかき傷を作らないようにすれば、アトピー体質が治っていきます。
つまり、ステロイドの外用は、対症療法であると同時に、根治療法でもあるのです。

ステロイドの副作用は?

アトピー性皮膚炎の治療では、ステロイドを飲むのではなく、塗るだけです。
飲むわけではないので、全身性の副作用(たとえば免疫機能の低下や、身長の伸びが悪くなる、骨密度が低下するなど)は出ません。

しかし、皮膚が薄くなるという副作用はよく見られます。
副作用を抑えるためには、適切なレベルのステロイドを選択するとともに、保湿剤やプロトピック、コレクチム、モイゼルトなどの非ステロイド薬を併用します。

アトピー性皮膚炎の診療経験が豊富な「アレルギー専門医」に相談するのも重要でしょう。

アレルギー専門医の診療を受けるには

アレルギー専門医とは、日本アレルギー学会が認定する資格です。
専門的な知識を持ち、アレルギーの病気を持っている患者さんを毎日たくさん診察している医師が、アレルギー専門医として認められます。
診察しているアレルギー患者数、アレルギー学についての学会・論文発表、アレルギーに関係する学会への参加回数、アレルギー学会認定教育研修施設での診療経験年数を審査し、一定の条件を満たした医師に対して筆記試験を行い、合格した医師のみがアレルギー専門医を名乗ることができます。

アレルギー科を標榜しているクリニックは多くありますが、アレルギー専門医は多くありません。
おかもと小児科・アレルギー科は日本アレルギー学会が認定するアレルギー専門医が治療にあたります。
どうぞ安心して、ご相談ください。

オンライン診療が可能か

アトピー性皮膚炎の湿疹をしっかり診るには、実際にさわってザラザラするかどうかを確認する必要があります。
したがって、コントロールが十分ではないアトピー性皮膚炎は対面診療が基本です。
ただし、ある程度アトピー性皮膚炎のコントロールができてきたら、オンライン診療と組み合わせて治療することができます。

最新情報

PAGE TOP