三田市けやき台の小児科・アレルギー科

WEB予約
院長ブログ
アクセス

熱性けいれん

小児科の病気

熱性けいれんとは

熱性けいれんは、発熱のストレスで脳の神経細胞が過剰に反応することで起きます。
急に意識を失って、呼びかけに反応しなくなり、白目をむいたり、どこか一点を見つめたり、体が硬直したり、ガクンガクンと震えたりします。

5歳未満の子どもの脳は未成熟であるため、急な体温上昇に脳神経細胞がうまく対応できないことがあります。
したがって、熱性けいれんは5歳未満でよくみられます。
7-11%の子どもが、5歳までに熱性けいれんを1度は経験します。

おかもと先生

インフルエンザや新型コロナウイルス感染症は、5歳以上でも熱性けいれんを起こしやすいです。

すぐに行うこと

まず平らな場所に寝かせ、嘔吐があれば吐いた物が気管につまらないように、体を横向きにします。
背中にクッションなどをあてるとよいでしょう。

そしてすぐに時計を見て、けいれんが続く時間を確認します。

注意点けいれんが5分未満か、5分以上かは、診断を受けるうえで非常に重要な材料になります。
子どもがけいれんすると、気が動転して、正確な時間が分からなくなってしまいます。
落ち着いて、必ず時計を見るようにしましょう。

けいれん中に呼吸がしやすいように、衣服をゆるめるといいですが、手早くできそうになければしなくてもかまいません。

そして、子どもの表情や動きをよく観察しましょう。
瞳がどこを向いているか、体の動きが左右対称かをしっかり観察しましょう。

受診の目安

緊急受診
(救急車を呼ぶ)
  • 初めてけいれんした
  • けいれんが5分以上続いた
  • 24時間以内にけいれんを繰り返した
  • けいれん後、ボーっとして意識が戻らない
診療時間に当院に相談
(診療時間外であれば三田市休日応急診療所に相談するか救急車を呼ぶ)
  • 初めてではなく、けいれんは5分未満で、24時間以内に繰り返しておらず、今は呼びかけに反応する

注意点三田市休日診療所は、日曜日・祝日の8時45分-11時30分、13時00分-16時30分です

オンライン診療が可能か

熱性けいれんは十分な診察と、必要に応じて処置が必要となります。
オンライン診療はできません。

最新情報

PAGE TOP